大学生向けオススメメイク

大学生は何かと周囲の視線を意識しなければならないお年頃だと思うんですけど、大学生にとってお勧めのメイクは「血色メイク」と呼ばれているもので、透明感のある艶肌の上に赤みのあるメイク。
これがポイントになってくるんですよ。

これで大学生の可愛さ、セクシーさ、あどけなさ、綺麗さ。
いろいろな事が演出出来るようになるんですよ。
このメイクの最大のメリットは肌の色の影響をあまり受けない点にあるんです。

色白だけではない

色白な女の子の方が流行ではあっても、やっぱり誰もが色白って訳ではないですからね。
ファッション雑誌を見ると色白が前提でいろいろと話が進められているケースもあって、色白ではない大学生にとってはその時点でまったく参考にさえならないようなケースもあったりするんですけど、血色メイクであれば基本的に肌の色とか関係なく楽しめるので大学生にかなりお勧めです。
それにあまり難しいメイクではないんです。

大学生はまだまだメイクの腕にも差があると思いますが、そこまでメイクの達人ではなくとも行えますし、それにあまり派手ではないのもあって男ウケも良いと思いますよ。
私も大学生の頃はまだまだ初心だったなって思うんですけど、男子の視線は絶対にどこかで意識しちゃうものじゃないですか。

モテたいとかではないんですよね。
自分を認めてもらいたいって気持ちが強いっていうか、もっともっと自分の事を見てほしいって気持ちもあるんですけど、自分からいろいろと話しかけるのは難しいんですよね。
まだまだ自尊心が高いのもあるし、図々しさが備わっていないので話しかけられるのを待つしか出来ないんですよ。

年齢と自分

年齢と共に私も人見知りなんてものが可愛く思えるような性格になっていっちゃいましたけど、大学生くらいの時には男子の視線は気にしていないように見えてどうしても気になる部分です。
男性ってあまり派手なメイクって好まないですからね。

だから自然なメイクがいいのかと思いきや、あまりに自然過ぎるとすっぴんと勘違いしちゃうので、自然なようで、でもしっかりとしているってスタンスが良いんです。
それには血色メイクはかなりお勧めなんですよ。

いろいろなメイクがあるので、血色メイクもこれからどこまで流行して広まっていくのかは分からないですけど、そこまで難しくはないメイクですからメイクの入門用に覚えるのも良いんじゃないかなって。
メイク術は覚えて損をするようなものではないですから、いろいろと覚えておくと良いんじゃないですかね。
それに血色メイクってカジュアルシーンだけじゃなくて、フォーマルシーンでもいけるので覚えておいて損はしませんし、案外いろいろなファッションに合わせる事が出来るんですよ。