重要なアイメイク

女性にとってアイメイクはとても大切なものです。
アイメイク次第で見た目年齢が変わってくると言っても決して過言ではありません。

時代を感じる

テレビ等で昔の映像を見ると、やたら女優さんやタレントさんに時代を感じる時もあるのではないでしょうか。
それは一言でいえばずばりアイメイクが違うからです。

メイク術によって女性の見た目はまったく変わってくると言っても良いのですが、ファンデーション等は時代が変わってもなかなか変わるものではありません。
ファンデーションの質は高くなっているのですが、塗り方はさすがに時代によっても変わるものではありません。
もちろん細かい部分で話せば微妙に異なるのですが、女性を見てファンデーションの塗り方までずばりと言い当てる事が出来るような人はなかなかいません。

ですがアイメイクは別です。アイメイクは時代によってまったく違うものになりますので、今のアイメイクも数十年後に見たら「古臭い」と思われてしまうかもしれないのです。
それだけアイメイクは大切なのですが、現代アイメイクで肝と言っても良いのがアイシャドウです。

メイクの肝です

この部分によってまったくメイクそのものが変わってくると言っても良いでしょう。
似合っていないアイメイクをつけると見た目年齢よりも上にみられやすいとされています。

似合っているアイシャドウであれば年齢相応、もしくは若く見られるのですが、似合っていないと見ている相手に違和感となってしまいます。
その違和感が見た目よりも上に見られてしまったり、ともすると「老けている」になってしまいますので気を付けなければならない部分でもあるのです。
ファッション雑誌等でアイメイク指南をしてくれているケースもありますが、似合っているからこそ綺麗に見えるのであって、似合っていないアイメイクを行った所で結局は似合っていないのですから綺麗でもなければ、むしろ更けて見られてしまうだけです。

似合うアイメイクを

それでは意味がありません。
特に老けてみられてしまうタイプとして顔の彫が深いタイプの女性と目が小さい女性です。

彫が深いタイプや上まぶた辺りが凹んでいる女性の場合、顔に影が多く出来てしまう事になり、暗い印象を与えてしまうのです。
そのため、アイシャドウによって更に落ち着いた印象を与える事になってしまって「老けている」になります。

目が小さい女性の場合、目を大きく見せたいがために色の違うアイシャドウをたっぷりと塗ってしまうのです。
それによってまるでまぶたが腫れているかのような印象を与えてしまう事になってしまい、結局は年齢よりも老けているのではないかと思われてしまう事になってしまうのです。
これらの点に気を付けつつ、アイメイクを行わなければ意味がありません。