30代のメイクポイント

30代という年齢はまだまだ若くもあり、でも大人でもあり。
いろいろと難しい年齢かと思います。

どんなメイクが似合うのか

自分をどうやって表現するのか。
例えば着ている服にしてもこれまでと同じで良いのかで悩む人ってかなり多いと思うんですよ。

自分自身ではまだまだ若いって思っていても、本当に若い人と交わるとどうしても年齢を感じさせると思っちゃう人もいるでしょうし、かといってまだまだ老け込みたくないって思っている人もいると思うんです。
そこら辺のさじ加減がとっても難しい年代だと思うんですけど、メイクも同じですよね。

あまりにも派手なメイクだと年齢に合っていないんじゃないかって思っちゃうでしょうけど、落ち着きすぎているとそれはそれで抵抗があるでしょうからね。
では30代にはどんなメイクが合うのかと言えば、メイク術というよりもTPOを考える事が大切なのかもしれません。

TPOを弁える

30代ともなるとどの女性も各々メイク術は上手になっています。
自分自身の顔との付き合いだって長くなってきていますから、どういったメイクにするのが一番なのかくらいは分かってくるようになるんですよね。
つまり、メイクそのものよりも状況判断が大切になってくるんです。

久々に友達とはっちゃけるって時にフォーマル仕様なお堅いメイクだと年齢を感じさせたり、場合によってはノリが悪いとか思われちゃうかもしれないですけど、会社に派手なメイクで行くと、若い女の子であれば苦笑いされるだけでも、30代の女性だとついつい白い目で見られてしまう事だってあるんです。
「30代」って言葉には、「若くはない」とか「もうそれなりに社会経験がある」って意味も含まれていますから、若い時には誤魔化せた事でも通用しなくなってきていますからね。

だからTPOを弁えて自分自身のメイクを楽しめるようになると良いでしょう。
そうは言ってもメイク術も気になる所ですが、透明感のある肌を演出する事が出来るようになると若さを演出する事が出来るようになります。

色むらをなくそう

では透明感をどうやって出すのかって言ったら色むらをなくす事なんですよ。
クマやくすみをどれだけ上手に隠す事が出来るのか。

それだけ気を付けるだけでも全然違うんですよ。
クマに関してはオレンジ系やイエローのコントロールカラーで目立たなくさせる事が出来ますので、これらに加えてファンデーションです。
ファンデーション選びの際には感覚だけで決めるのではなくて、実際に自分で使って選ぶようにしましょう。

店頭で見かける色はライトがガンガンに当たっているので、自分の部屋で見た時と結構違っているんです。
だから試しにどうなるのか自分の肌で使って実験してみてから決めた方が良いでしょうね。
むしろそれが当然だと思うべきです。