30代必見の乳液、クリーム

30代の女性にとって化粧品選びはとても大切な事です。
若い時のようにはいかないって事を自覚するのが大切だとは前回のこのブログでもお話させていただいた通りなんですけど、アイテムの使い方とか選び方も大切ですよ。

例えば乳液。乳液やクリームもまた、30代の女性にとっては重要なチョイスだと思うんですけど、なんで乳液やクリームを使うのかって言ったら油分を補う事なんですよ。
それまでは皮脂が分泌されるだけでも十分なんです。
だから若い時って多少の無茶が通用するんですよね。

年齢で減る

でも年齢と共にどんどん減っていってしまいます。
自分では捻出する事が出来なくなるって事を意味しているんですから、じゃあどうするのかって言ったら外部から出してもらうしかないですからね。

乳液とクリームにはそれが求められているんです。
では30代の女性がどんな乳液やクリームを使うと良いのかと言えば、前にもお話した成分でもあるセラミド。
これが含まれている乳液が良いでしょうね。

セラミドの保湿成分はとっても高いです。
値段とかフィーリングだけで選ぶのではなくて、成分を見て購入を考えるようにしたいですね。

一つ気を付ける点があるとすれば、乳液やクリームはしっかりと使うべきです。
オイリー肌だからという事で乳液やクリームを敬遠している人もいるのですが、なぜベタつくのかといえば、矛盾しているように聞こえるかもしれませんが乾燥が原因なのです。
人間には修復能力がありますよね。

反発しているんです

美容でも同じで、乾燥していると顔が「何とかしよう」って思って油分を出すケースがあるんです。
それでオイリーになってしまうケースもあったりするんですよ。
だから、乾燥しないようにすると、顔から油も出ません。

オイリーで悩んでいる人って実は乾燥肌が多いんですけど、それはこういった体の機能の事をよく分かっていないからなんですよね。
反発するものだって事が分かっていればその特性を活かしてどうすれば良いのかが分かるじゃないですか。

でもそれが分からないから、表面だけ見て「オイリー」って判断してしまうんです。
だから乳液とかクリームはたっぷりと使うべきですよ。
オイリーだからと敬遠していた人ほどです。

それによって顔が「潤い十分だから油を出さなくて良い」って判断するんです。
30代の美容で大切なのは、乳液やクリームといったアイテムを使う事も大切ですけど、体の機能の事も理解する事です。

機能を理解しておかないと、実際の所どうすれば良いのか全然分からないでしょうけど、分かっていれば体の機能の事を考えた上で、ではどうすれば良いのかが分かるんです。
これってちょっとした事かもしれないですけど、実際の所かなり大切な事なんですよ。