無理に若作りをしない

30代の若作りがイメージダウンな訳

いつまでも若く居たいと思うのが女性心ですが、「若い=10代、20代のメイクやファッション」と思うのは大きな勘違い。
どうして30代が若いファッションを着ると年齢が際立つかというと、どうしても昔のトレンドが混ざり合ってアンバランスになってしまうからです。

また、顔が大人な印象なのにカジュアル過ぎる服を着ると、どうしても顔が浮いて見えてしまい、おばさん感を際立たせてしまうという悪循環に。
年齢に合った若々しく見せるファッションを学んだり、自分が本当に似合う服を探してみるのも面白いかもしれませんね。

30代になったら、10代・20代に着ていたコーディネートはリセットして、年相応な大人トレンドを大事にしてみて下さい。

30代のファッションとは

30代になったらどんな服を着れば良いの?と悩む方も多いですが、コツさえ掴めばモテコーデが完成します。
覚えておくと便利なファッションポイントをいくつか紹介するので参考にしてみて下さい。

・配色に気をつける…明るい色のアイテムは1~2つに抑えアクセントとして使うこと。
その他はモノトーンや落ちつた色をセレクトすれば、バランスの良い大人ファッションに仕上がります。

・露出するバランス配分を考える…30代の過度な露出は印象が良くないので、透け感のある生地を使ったトップスや、長めのスカートを上手に使って、露出しない大人のセクシーを演出してみましょう。

・カジュアルすぎはNG…配色同様、柄物もポイント程度にしないと幼い印象を与えます。
カジュアルアイテムを一つ選んだら他は無地や目立たない柄を選び大人カジュアルにします。

大人っぽさは今のアナタを美しく見せるアクセントなので上手にコーディネートに取り入れてみて下さいね。

30代からのメイク

30代メイクの特徴は「ポイントカラーをおとなしめに抑える」です。
例えばチークはピンク系からオレンジ系、シャドーもカラーパターンをワントーン暗くします。

「そんなに色を抑えたら顔が暗くなるんじゃ…」と心配になる方も居ますが、落ち着いた清楚な印象が際立つだけで印象が薄くなる心配はありません。
ただ、注意して欲しいのはアイメイクとリップカラーを際立たせておくこと。
全部トーンを暗くするのは顔がぼやけるだけなので注意して下さいね。

ちょっと不安な方は化粧品コーナーで相談してみて下さい。
30代からはメイクも少し大人っぽくすると印象が良く、上品に見えるのでオススメです。