40代のファンデーション講座

40代の女性のメイクで重要になってくるのはファンデーションです。
どの年代でもメイクの基礎ではあるのですが、40代の場合はファンデーションによって肌を綺麗に見せるだけではなく、もう一つ意味があります。

UVケアです

それは、UVケアも意識した方が良い点です。
若い時のファンデーションはそこまで意識するような事もないのではないでしょうか。
自分の肌に合っているのか。

色合いや伸び。
これらがどのようなものなのかが大きなテーマかと思うのですが40代になると自分の肌に合うかどうかも大切ですが肌へのダメージも考慮しなければなりません。
ファンデーションが、毎回自分の身を削るようなものでは意味がありません。

そこでお勧めになってくるのがパウダーファンデーションです。
パウダーファンデーションの場合、紛体そのものに紫外線散乱効果が含まれているのです。

つまり、それだけで紫外線ケアをも行えるようになるのです。
UVケアと謳われている化粧品は多いのですがパウダーファンデーションであればそのような表示がなくとも同等の効果をもたらしてくれるのです。
また、リキッドファンデーションも良いのですが、リキッドファンデーションにはデメリットがある事も知っておくべきです。

防腐剤は注意

リキッドファンデーションは艶のある仕上がりにしてくれるとても素晴らしいものではあるのですが、水分が多く含まれていますので、防腐剤が入っているのです。
この防腐剤が肌に思わぬ負担をかけてしまうケースもあるのです。

紫外線防止効果に関しても、パウダーファンデーションの方が高いです。
優劣の問題というよりもシチュエーションに合わせて使い分けるのが良いでしょう。

乾燥しがちな季節はリキッドファンデーション、陽射しの強い季節にはパウダーファンデーションといったように、上手く使い分ける事で自分自身への肌への負担を最小限に食い止める事が出来るようになるのです。
また、ファンデーションの色もとても大切になります。ファンデーションの色によって自分自身のメイクそのものが変わってくると言っても決して過言ではないからです。ここでも実は大きなポイントがあります。

多くの女性が顔の肌の色を基調にしてファンデーションの色を選んでいるかと思いますが、40代の場合は顔よりも首の色と同じ色を選んだ方が良いのです。
その方が仕上がりが自然な印象になるのです。

顔の色に合わせると、ファンデーションが浮いているような印象を与えてしまいかねません。
ファンデーションで色を付ける事によってある程度変わるものですが、首の色を基準にして選ぶと、首との境界線もおぼろげになりますので、メイクが悪目立ちしません。
これは40代の女性は知っておくべきです。