40代のメイクポイント

40代の女性にはいくつかメイクで気を付けておくと良い点があります。
まずは眉毛です。年齢と共に眉毛の量は減っていく傾向にありますので、どうしても薄眉になり、顔全体の印象がどうしてもぼやけてしまうようになっていくのです。
そのため、いつも使っている自分が「良い」と思っているアイブローよりも一段濃いアイブローを使ってみると良いでしょう。

多少濃いくらいの方が顔立ちがしっかりとしますので、表情をより豊かな物にさせてくれるのです。
眉毛が薄いとそれだけでどこか怖い印象を与えてしまうものですが、眉毛が際立っているとそれだけでまるで笑っているかのような良い印象を与える事も出来るようになります。

意識する事

この効果は思いの他強いものですので、こちらはより意識しておいた方が良いものでしょうね。
目元に関してはたるみによって目じりが下がってきます。

そのため、目元そのものを引き締めるアイラインを少し太めにすると良いでしょう。
もしくは長くしてみるのも良いでしょう。
若い時と同じメイクにしていると違和感を与えてしまうポイントです。

ですが現実問題どうしても目尻は下がりますので、下がっている目尻をどうするのかという現実を考慮しなければならないのです。
リキッドにしてもジェル状の物にするだけで案外印象が変わります。

まつ毛です

そしてまつ毛です。
まつ毛は現代美容に於いてもっとも大切なパーツと言っても良い部分ですが、まつ毛も少なくなってきたと感じる人もいるのではないでしょうか。

その際、マスカラをボリュームタイプに変えるだけで目力がまったく違うものになると言っても良いでしょうね。
それによって案外印象は変わりますし、もっと言えば見た目年齢をも変えてくれるのです。

一方で若い時と同じような感覚でビューラーでと考える人も多いのですが、少なくなったまつげにビューラーを当てるとまつ毛そのものを痛めてしまう事にもなりかねません。
まつ毛そのものが抜ける原因にもなりかねませんので、その点も注意しなければならないでしょう。そして口元。

こちらも年齢と共にどうしても下がってしまいますので、下唇のラインに沿うように跳ね上げるようにすると良いでしょう。
これだけで口元のたるみを目立たなくし、若々しい印象を与える事が出来るようになります。
40代になるといろいろな部分が若い時と比べて衰えてしまうものです。

こればかりは仕方ないのですが、衰えてきたから現実から目を背けるのではなく、衰えてきた事を工夫によってなんとかするのが40代のメイク術です。
ショックだという人もいるかもしれませんが、それよりもどうすれば若々しい印象を与える事が出来るようになるのか。
こちらを考えた方が建設的ですし、そこからいろいろな事が見えてくるはずです。