冷え

冷えは女性の大敵

寒い季節になると嫌なのが「身体が冷えること」ですよね。
特に手足の末端が冷える「冷え症」の方は、夏も冬も外気の寒さやエアコンで冷えから逃れられず苦しんでいます。

そもそも身体が冷えるとどんな悪影響があるか知っていますか?身体が冷えて困るデメリットは「脂肪が蓄積されること」や「免疫機能の低下」などです。

身体が本能的に体温維持を助けようとするため脂肪が蓄積するので、セルライトや皮下脂肪が増えてしまいます。
また、体温が下がるという事は免疫機能も低下するため病気を貰いやすくなるという事。

要するに、太るし体調が崩れるし…で、冷えて良いことは全くありません。
冷え症の方は早めの改善をし、冷え症じゃない方も少しでも身体を冷やさないよう気をつけましょう。

ショウガ湯が冷えに効果的

ホットミルクや紅茶など温かくてホッとする飲み物は沢山ありますが、残念ながらどれも一時的なもので身体を温める作用はありません。
冷えた身体を芯から温めたいという方にオススメしたいのは「ショウガ湯」です。

ショウガは生薬として扱われるほど健康に良いもので、特に身体を温めるスペシャリストと言われています。
自宅で気軽に作れるので身体の冷えや不調の時には飲んでみて下さいね。
作り方はこちらを参考にしてください。
>>ショウガ湯の作り方|nanapi

その他にも殺菌作用や免疫力を高める効果があるので風邪予防にも効果的ですよ。

冷えないような対策をしよう

冷えない対策を日頃から用意しておくことで、冷えとは無縁の快適な生活を送ることが出来ます。
冷えやすい場所別に便利な対策をいくつか紹介しますね。

・職場や外出先…畳めばコンパクトになるブランケットや、レンジで加熱可能な携帯カイロ(使い捨てタイプでも可)をカバンに入れておくと便利。
邪魔にならないのに即効性が高いので何処でも冷えやすい人には必須アイテムです。

・お風呂…最初に熱めのお湯を壁に流したり、脱衣所周辺ででヒーターをつけて気温差を無くしておくと湯冷めを防ぐことが出来ます。
特に大事なのは低温の半身浴などで身体の芯まで温めること。
また、首を冷やすと全身の血液も冷えてしまうので髪をしっかり乾かすことも大事です。

・就寝時…首もとを温めるタートルネックのインナーや、ナイトガウンがあると毛布から出てしまう肩や首筋の冷えを防止することが出来ます。

どんな場面でも極力身体を冷やさないよう意識して、健康に過ごせるよう努めましょう。