妊娠太り

妊娠すると太ってしまう訳

妊娠を期に誰か解らなくなる程太る女性が多いですよね。
妊娠中に太ってしまう一番の原因は、身体が赤ちゃんのために脂肪を蓄えようと本能的に多く吸収してしまうからです。
吸収が多いのにお腹を気遣い妊娠前のように動かなくなるため、驚くように体重がアップしてしまう訳です。

他にも「味覚の変化」により、高カロリーのものが美味しくなったり、「食べ悪阻(つわり)」で常にお腹に食事が入っていないと気持ち悪くなるなど、いろんな誘惑が妊婦さんに襲いかかります。
よく妊娠中に「二人分食べなさい」という方が居ますが、妊娠中に太って良かったというメリットは全くないので体重増加には注意して妊娠生活を送りましょう。

妊娠中に太った場合のデメリット

「赤ちゃんに栄養を与えているんだから太って良い」と勘違いしている方も多いのですが、妊娠中に必要以上に太るのは自分自身にも赤ちゃんにもリスクがあります。
妊娠中に太った場合に考えられるデメリットをいくつか紹介しましょう。

・妊娠中毒症を発症してしまう…体重が増加し、高血圧になることで発症する病気のこと。
胎児が低体重で早産になったり、自分の身も危険になるリスクがある怖い病気です。
・胎児も肥満になる…「大きくて良いんじゃ…?」と思いますが、必要以上に育つと帝王切開のリスクが高くなったり、病気になる可能性があります。
・妊娠線が出る…急激に太ってしまうと皮膚が収縮に耐え切れなくなり、皮膚にミミズ状の亀裂が入ってしまいます。

一番言いたいことは、どんなに太っても出産後に減るのは5キロ程度です。
出産後に後悔しないように、妊娠初期からの体重管理は徹底して下さい。

妊娠中に太らないようにするためには

妊娠中の体重管理で気をつけたいことは「無理は禁物」ということです。
つわりがあるうちは常識の範囲内で食べたい物を食べて、安定期になってきた頃から体重管理を始めて下さい。

一番大事なのは「規則正しい食生活」「バランスの良い献立」「適度な運動」「休息」です。
妊娠中に多く必要な鉄分や葉酸を多く含む食事を摂りながら、体調に合わせてウオーキングやマタニティレッスンに挑戦しましょう。

また、妊娠中は下半身の血流が悪くなり全身の代謝が下がってしまうので、
代謝アップやむくみ防止に半身浴がオススメです。
あとは間食に甘いものを控えることですが、あまり過度に体重ばかり気にしてもストレスが溜まるので食べ過ぎない程度に管理しながら過ごして下さいね。
妊娠中の体重管理は赤ちゃんの健康に大きく関わっています。
辛い時もありますが、赤ちゃんの顔を見るまでは頑張って緩やかな体重増加を維持しましょう。