紫外線

紫外線が肌に与える影響

まずはあまり深くは知られていない紫外線の説明をしましょう。
紫外線とは太陽の光に含まれている三種類の光のなかの1つ。
目に見える光が可視光線、暖かさを感じるのは赤外線、そして何も感じない部類に入っているのが紫外線と言われる光線です。
紫外線を含む太陽の光は私達の身体にとっても、植物の成長や殺菌効果の面でも必要不可欠な存在なのですが、皮膚や目、体調に様々な悪影響を与えます。

紫外線が肌に与える影響として代表的なのは「日焼け」「しみ」「そばかす」「皮膚がん」です。
紫外線が毛穴の奥に侵入することで黒い成分「メラニン」が増え、日焼けやしみなどに変化しています。

日焼けは更に放っておくとシワやタルミの原因にもなるので決して油断してはいけません。
若いうちは日焼けをしてもすぐに治っていましたが、年齢を重ねると代謝機能の低下が原因でメラニンが蓄積してしまい、なかなか消えないシミが出来てしまいます。

紫外線を浴びない工夫をし、少しでも肌が劣化しない工夫を考えてみて下さい。

紫外線対策を徹底的に

紫外線対策と聞くと臭くてベタベタした日焼け止めクリームという印象ですが、最近の日焼け止めクリームはスプレータイプやジェル状のもの、化粧下地として使えるBBクリーム仕様などタイプが多く、匂いやベタつきがカットされています。

購入の際に気をつけて欲しいのは日焼け止めに記載されている表示マークのチェック。
SPFと呼ばれる紫外線B波は数字、PAと呼ばれる紫外線A波はプラスマーク(+)の数で、予防できる指数を表示しているので外出時間や用途に合わせて数種類のタイプを使い分けると便利ですね。

更に紫外線カット衣類や生活用品を外出時に使えば、紫外線の被害は最小限で済みますので、外出する機会が多い方やシミができやすい体質の方は購入を検討することをオススメします。

紫外線対策に効くサプリメント

紫外線は肌に浴びるのを防ぐ方法だけでは無く、サプリメントを飲む方法で予防する事が可能です。
自分の肌の現状に合わせてサプリメントの種類を選んでみて下さい。

・紫外線の予防に良いと言われる栄養素…ビタミンE、糖鎖など
・メラニンの生成を抑える(紫外線による日焼け等のトラブルが起きにくくなる)成分…システイン、グルタチオンなど

出来る前に予防するか、被害を必要最低限にするか考え、毎日継続することが大事です。
完璧な紫外線予防を徹底したい方は特に、サプリメントでの紫外線対策を試してみましょう。