白髪・髪のパサつき

白髪や髪が衰えてしまうメカニズムを知ろう

年齢と共に元気がなくなっていくのは肌や身体だけでは無く、髪質も当てはまります。
髪が抜けやすくなったり、髪がパサついたり、白髪が出来てしまったり…。

女性にとって髪は「命」であり、美の象徴なのでいつまでも美しくありたいですよね。
白髪や髪のパサつきの原因はこのようになっています。

・白髪…健康な髪は毛根の中でシロチンという成分がメラノサイトすることにより黒く発毛しますが、何度か脱毛と発毛を繰り返していくうちに毛根のメラノサイトが働かなくなり、白髪となって出現します。
原因は頭皮が健康を保てない状態にあることです。
乱れた生活習慣や過度のカラーリングの繰り返し、寝不足などが関係してると言われています。

・髪のパサつき…健康な髪は適度な水分を保ち、しなやかで艶やかな印象がありますが、パサつく髪は見た目もバサバサで艶が無く、どうにもまとまらない髪になります。
原因は髪のダメージを補修しないことで崩壊してしまったキューティクルから水分が蒸発してしまうからです。
出産や老化に伴なうホルモンバランスの乱れや過労が重なると髪質に大きな影響を与えます。

現在の自分の髪に当てはまる原因を探し、解決と予防の参考にしておいて下さいね。

綺麗な白髪の染め方

自分で白髪を染めても「白髪だけ浮いてみえる」「見えない部分だけ染まってない」「すぐ白髪が生えてきて面倒」というトラブルが多いですよね。
そんな悩みに応えて、自宅で上手に白髪を染めるコツをいくつか紹介します。

・塗る前に髪を何箇所かに束ねておくことでムラを減らす…自分で白髪染めをすると、どうしても塗っていない部分が出来るため、それを防ぐために髪を数箇所に束ね、1箇所ずつ塗っていく方法です。
染まりにくい後頭部から徐々に頭のてっぺん周囲を染めると色ムラも防ぐことが出来ますよ。

・現在の髪色に合った白髪染めをチョイスする…白髪染めは普通のカラーリングのように全体的に綺麗に髪を入れるというものではなく、あくまで白髪を今の髪色に近づけて目立たなくするものです。
白髪が浮きやすい人は暗めの色をチョイスして、少しでも濃く白髪に色が入るよう工夫しましょう。

・簡単な白髪染めに切り替える…白髪染めはカラーリングタイプだけではなく、塗るだけで隠せる応急処置タイプや、トリートメントのように毎日少しづつ白髪染めをするタイプもあります。
シーンで使い分けて上手に白髪と向き合ってみて下さい。

白髪を染める時には是非実践してみて下さい。

今日から出来る髪質改善方法

基礎的な髪質改善法は以下の通りです。

・地肌をしっかり洗い、しっかり流す…シャワーでしっかり濡らしたあとはシャンプーで地肌をしっかり丁寧に洗い、汚れを残さないこと。
そして更に大事なのはしっかりドライヤーで地肌から毛先まで乾かすことです。
そうすることで全体的な髪のトラブルを防ぐことが出来ますし、髪に水分を閉じ込めることが出来ます。

・規則正しい生活習慣…白髪や髪のパサツキの原因は、生活習慣の乱れや、それに伴なう体調の悪化などが深く関わっていると言われています。
食事面や睡眠の乱れ、過労などは髪にも影響を与えるので、意識した生活を心掛けましょう。

白髪が元に戻る可能性は低いですが、髪のパサつきは充分改善できる可能性があるので、諦めずに髪質改善を取り組んでみましょう。